blogぼちぼちいこか/伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会 - 2011/03

サークルぼちぼちいこか/伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会




2011年03月31日(Thu)▲ページの先頭へ
三重フレネ研究会 4月例会案内
三重フレネ研究会
 
〈4月研究会の提案 〉 
 
4月9日(土)  午後3 : 30 〜 6 : 00 
 
三重大学教育学部2F グループプロセス室

 
 (教育学部道路側階段を上がった右角)
・会場は教育学部2Fのいつもの部屋になっています。
正門横の駐車場から向かって左の建物の階段横にある教室です。
校舎の入口がしまっていますので、佐藤もしくは浜口まで電話して下さい。

《テーマ》
 
 新年度のスタート

 
・新年度の抱負を参加者がそれぞれ語り合います。参加される方は、なるべくB5(A4)1枚程度のミニレポートを持参してきて下さい。

《連絡》

〔Eメールによる通信の発送について〕
Eメールによる発送をご希望の方は、メール・アドレスを事務局長の浜口までご連絡下さい。
 
浜口拓 : ZAN20571@nifty.com 

〔三重フレネ研究会の会費について〕
2011年度分の会費(年間 1,200円/Eメールでお受け取りの方は 800円)の納入をお願いいたします。ほぼ毎月発行/発送の事務費用ですので、毎月の研究会に直接持参いただくか、切手もしくは郵便振込でお送りいただければ幸いです。


2011年03月18日(Fri)▲ページの先頭へ
浜口塾 新年度生徒募集 
浜口塾 / 生徒募集 

新年度塾生を募集します。
 
中3年クラス  週2時間×2  月額\15,000(含・教材費)
     英・数・国(作文指導)を中心に
中1,2年クラス 週1時間半×2 月額\13,000(含・教材費)
     英・数を中心に

 
*希望により理科・社会等も指導します。
*高校生・小学生(小学生英語)も相談に応じます。
・6名までの少人数指導です。
・高校推薦入試の作文、大学入試の小論文指導なども行っています。
・開設以来25年以上、高校進学100%、小論文指導では国立大学の合格者も出ています。
・勉強の仕方がわからない、勉強のくせそのものがついていない時の手だてなどの教育相談もしております。
・塾生と家族の教育相談は月1回は無料、月2回目以降は規定の半額で可能です。
  
*学習や心の問題にからむような個別の教育相談・心の相談もしています。
(1時間程度\5,000 / 25分\2,000 / 40分\3,000 / 10分程度の電話相談は無料)
・不登校やひきこもりと関わって
・コミュニケーションの不安など対人関係に自身が持てない方 
・自分自身を見つめ直したい方
・感情のコントロールが苦手な方
 @事前にメール(ZAN20571@nifty.com)や電話(0599-85-2752)に連絡して下さい。

指導者・相談員 : 浜口 拓
フレネ教育研究会全国委員 / 三重フレネ研究会事務局長
三重県登校拒否・不登校・ひきこもりを考える会(三重県・考える会)世話人
伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会(サークルぼとぼといこか / 子どもみらい会議)事務局
日本心理カウンセリング認定カウンセラー
全日本カウンセリング協議会認定カウンセラー
 
フレネ教育の視点から、学習心理学の視点から、カウンセリングの視点からなど、複数の視点から問題へのアプローチを考えていきます。
 
連絡先
 〒517-0701  三重県志摩市志摩町片田3603番地
    電話…0599-85-2752
Email…zan20571@nifty.com


2011年03月11日(Fri)▲ページの先頭へ
浜口心理・教育研究所(教育相談・心の相談)
教育相談・心の相談しています 
 
*教育相談
・不登校、特別支援教育、日本語学習…その他
*学習相談
・勉強の仕方がわからない、どこがわからないのかわからない、学習意欲がわかない…その他
*ひきこもり、ニート(NEET)の相談
・生活の改善、就労に向けての相談、就労(アルバイト)が始まってからの相談…その他
*心の相談
・感情のコントロールができにくい、コミュニケーションの不安、対人関係に自信が持てない…その他
・必要に応じて、カウンセリング(夢分析・絵画療法・認知行動療法)も可能です。 
 
《料金》

1時間程度 \5,000
 25分\2,000
40分\3,000
(10分程度の電話相談は無料)

出張カウンセリングも行います。
(出張費用が追加されます)

【出張費用】
志摩市内は + \300 伊勢市・鳥羽市・南伊勢町は + \500
それより遠くなる場合は県内で + \1000円までの費用で要相談

・塾生と家族の教育相談は、月1回は無料、月2回目以降は規定の半額で可能です。

☆中学生、高校生、ひきこもり、NEETの方ご本人の場合は、2回目までは半額に割引します。
 
《申し込み》
浜口心理・教育研究所
 併設/浜口塾
 

フレネ教育の視点から、学習心理学の視点から、カウンセリングの視点からなど、複数の視点から問題へのアプローチを考えていきます。

@事前にメールや電話で連絡して下さい。

指導者・相談員 : 浜口 拓
フレネ教育研究会全国委員
三重フレネ研究会事務局長
三重県登校拒否・不登校・ひきこもりを考える会
       (三重県・考える会)世話人
伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会
(サークルぼちぼちいこか / 子どもみらい会議)事務局
日本心理カウンセリング 認定 カウンセラー
全日本カウンセリング協議会 認定 カウンセラー
 
連絡先
 〒517-0701  三重県志摩市志摩町片田3603番地
    電話…0599-85-2752 
Email…zan20571@nifty.com


2011年03月03日(Thu)▲ページの先頭へ
伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会 例会案内 (3月)
ぼちぼちいこか
 
(伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会)

 
ぼちぼちいこか 志摩例会

日時 3月20日(日) 午後1時30分〜4時30分

会場 志摩市阿児町鵜方1975

 志摩市鵜方公民館 1F図書室(または小会議室)


 (近鉄鵜方駅北口下車・徒歩数分)  電話…0599-43-2211
浜口 / 電話…0599-85-2752
E-mail…ZAN20571@nifty.com 
 
子どもみらい会議 伊勢例会
 
日時 3月19日(土) 午後7時〜9時
 
会場 いせ市民活動センター南館2F
 
(伊勢税務署横・外宮前交差点のそば)
 
【ちょっとオススメbook】
 
飯島裕子/ビッグイシュー基金 著
 
『ルポ若者ホームレス』

ちくま新書 2011年  ¥760+税
 
・ネットカフェやファーストフード店で夜を明かすこともあり、毎日路上で寝泊りすることのない若い世代が急増していますが、欧米の定義なら彼らもホームレス。そして彼らのような不安定就労は、家族の支えがなくなった時のひきこもりやNEETの問題と重なってきます。決して人事ではないNEETやホームレスと就労の現実を丁寧な取材で伝えてくれる本です。


2011年03月02日(Wed)▲ページの先頭へ
三重フレネ研究会 3月例会案内
三重フレネ研究会
 
〈3月研究会の提案 〉
  
3月12日(土)  午後3 : 30 〜 6 : 00 
  
アスト津3F 交流スペース0

 
(津駅東口北側の隣接ビル/駅からの連絡通路あり)

・会場は三重大学が入試のため使えないので、津駅前のアスト津3Fの交流スペースのエレベーター側、本が置いてある近くになっています。津駅の2F連絡通路からチャムに入り、そのままアスト津への連絡通路に行けます。迷った場合は浜口まで電話して下さい。

《テーマ》
 
 成長できたかな?

 
・4月から南米エクアドルで教鞭を取ることになっているN先生の日本の小学校での実践に区切りをつけるまとめレポートです。N先生への研究会としての送別の意味も込めての解となりますので、ぜひご参加下さい。


2011年03月01日(Tue)▲ページの先頭へ
ステップとしての高校と社会参加(講演原稿) E
これからの人間関係を広げ、深めるために 
  
高校受験が目前に迫っている時期ということもあり、高校がゴールでなく通過点である、ということを中心に今まで話をしてきました。では何の通過点なのでしょうか。それは、就労・社会参加をするための通過点であり、人生の通過点である、ということなのです。通過点である以上、当然、先は長いという事になるのですが、それでも、高校生活という時間そのものも自分の人生を豊かにするたくさんのものを与えてくれる可能性があります。高校生活の中で経験する様々なこと、先生など新しい人との出会い、新旧の友達との様々な体験や心の交流、それらが思いもかけず、その後の人生に様々な影響を与えます。だから、新しい環境になることを利用して、今までの自分の殻を破り、前向きにやっていこうとする気持ちを持つことがより豊かな出会いや経験を開いてくれます。
 
私が高校に入学した時、1年生だから後輩はもちろんいませんが、同級生にも先輩にも同じ中学校を卒業した人は1人もいなかったので、けっこう心細さを感じていました。それに、私自身、内にこもる傾向のある性格でしたから、自分から積極的に周りの生徒に声をかけることもなかなか出来ませんでした。それでも、3年間の間に何人かの親しい友達が出来ました。その連中とは、今でも一緒に酒を飲んで騒いだり、相談をしたりされたり、と温かな交流が続いています。突然、昼間の仕事が無くなって困った時に親身になって新しい仕事を探してくれたのはそんな高校時代の友人の中の1人でした。
 
私は、1人でいることが好きですが、中学や高校、大学の親友たちと共に過ごす時間もまた、大好きなのです。でも、私自身は、20代の終わり頃まで「自分は人間関係をつくったり深めたりするのは下手だ」と感じていました。それでも、友人達との関係に支えられてそれなりにコミュニケーションもこなせるようになり、今ではコミュニケーションや人間関係のことを書いたり、話をしたり出来るようになりました。友人達を含めた他者との時間を積み重ねた経験が、内向的でコミュニケーションが下手だった男を変えてくれたのです。今では、1人でお酒を飲みに行っても、すぐに他のお客さんとうちとけます。そして、そのような利害関係のない人との出会いが、思いがけないところで生きてくることもあります。私の離婚した妻が来日した直後に仕事を探していた時、仕事を見つけ、派遣ではなく正規の従業員となるように世話してくれたのは派遣会社の仕事をしていた飲み友達でした。
 
若い頃の私と同じように、いやそれ以上に、「自分はコミュニケーションが下手だ」と思い「人間関係は苦手だ」と感じている若い人は、もしかしたらけっこう多いかも知れません。その中には、この春の高校受験を考えている人もいるでしょう。
 
ただ、バスケット・ボールでたくさんシュート練習をすればシュートが入る確率が上がってくるのと同じように、コミュニケーションや人との関係の結び方も、経験を積む中でそれなりに上達してくるところがあります。加えて、学校は実社会ほど経済的な生々しい利害関係のない「場」であり、「結果」だけではなく「努力」もそれなりに考慮してくれるという、とてもありがたい「場」でもあります。また、損得を離れた様々な出会いも、多分、実社会よりも多いと考えられます。その意味では、コミュニケーションに多少失敗しても会社に損害を与える訳ではありませんし、気の利いた先生がいれば関係の修復をサポートしてくれたりすることもあるでしょう。
 
そのように考えれば、学校は「学習」の「場」であるけれども、コミュニケーションや人間関係を作る練習の「場」として使っても良いのです。高校という通過点を、そのように考え、自分自身の人間的成長と社会参加のためのコミュニケーションや人間関係の訓練として位置付け、将来のために活かしていく、という考え方も悪くないのではないでしょうか。機会を作る、そして機会を活かしていく……そんな機会の1つとして高校を考え、自分のために生かしていけると良いと思います。
 
                                  〔完〕


   


【サークルぼちぼちいこか/伊勢志摩不登校ひきこもりを考える会】は、事務局の浜口が、【三重県登校拒否・不登校・ひきこもりを考える会】(三重県・考える会)の世話役をしていたところ、「伊勢志摩にも家族会を!!」という声が上がったため作られたものです。


新着トラックバック/コメント

浜口 拓/志摩市志摩町片田で小中高15校20年の経験とフレネ教育やカウンセリングの知識を生かした《浜口塾》を開いています。教育相談にも応じます。また文学活動などもしています。よろしければ【TAC雑想記】 【TAC文芸樹】のblogも覗いて下さい。

カレンダ
2011年3月
   
   

アーカイブ
2007年 (32)
6月 (3)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2008年 (56)
1月 (6)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (5)
5月 (1)
6月 (7)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (8)
10月 (6)
11月 (9)
12月 (4)
2009年 (59)
1月 (3)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (13)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (4)
12月 (5)
2010年 (48)
1月 (6)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (6)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (62)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (9)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (1)
2012年 (21)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (1)
2013年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (34)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (7)
11月 (2)
12月 (3)
2015年 (26)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (2)
12月 (1)
2016年 (22)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2017年 (6)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)

アクセスカウンタ
今日:694
昨日:1,081
累計:650,921